残念ですが、生まれながらに「おもてなし」上手な方は決まっています

残念ですが、生まれながらに「おもてなし」上手な方は決まっています

 

 

 

「おもてなしが好きだ」という人は、「お金をもらわなくても、人に貢献したい」という人です。

 

とにかくまわりの人に喜んでもらいたい。

 

それが自分の喜びになる人です。

 

みなさまの周囲にも、そんなタイプの人がいるのではないでしょうか。

 

人間は4つのタイプに分けられるといわれています。

 

これは、アメリカの社会学者、デイビッド・メレルさんが提唱する「ソーシャルスタイル」という理論です。

 

それによると……、

 

① 慎重で理屈を重視する「理論派」

 

② 開放的でエネルギッシュな「社交派」

 

③ 主張があって力強い「現実派」

 

④ 協調性のある「友好派」

 

この4つに分類されるということです。

 

自分のタイプと相手のタイプを知って、それをコミュニケーションに活かすメソッドとして、多くのグローバル企業でも取り入れられている理論です。

 

弊社でもお客さまの言葉や態度を、短期間、観察してどのタイプかを識別します。

 

そしてそのお客さまごとに適切な対応をするようにしています。

 

もちろん、執事やメイドを採用するとき、適性を確認するツールの一つとしても参考にしています。

 

そして実際に採用され、長続きするのは、もれなく「友好派」の人なのです。

 

真のおもてなし上手は「友好派」です

友好派は、周囲の人と仲よくやろうというタイプで、感情の表し方も穏やかです。

 

常にまわりを気にかけながら、困っている人をサポートする。

 

そして、みんなが盛り上がっているのをニコニコうれしそうに眺めている。

 

自分が一番がんばっても、そんな素振りはつゆも見せず、決して自分が前に出ようとしないこのタイプは、まさに「他人の喜びを自分のことのように喜ぶ」おもてなし上手といえます。

Category おもてなしの哲学 . ブログ 2020.09.03

Comments are closed.

Translate »