「当たり前」を積み重ねることです

「当たり前」を積み重ねることです

 

 

 

「至高のおもてなし」と聞くと、とんでもなく難易度が高いというイメージがあるかもしれません。

 

しかし実際は、それほど難しくはありません。

 

当たり前のことを当たり前におこない、その一つひとつが積み重なっていくところに、おもてなしの王道があるのです。

 

高級ホテルや高級旅館のおもてなしも、度肝を抜くようなサーヴィスではなく、一つひとつこまかい点に気をつかい、当たり前のサーヴィスをすべて当たり前のように、漏れなくきっちり提供しているのです。

 

いわば、勝負はサーヴィスの総合点です。

 

100打席に一回、逆転満塁サヨナラホームランを打つのではなく、コンスタントにヒットを打って出塁するほうが、結果的に名選手と呼ばれるものです。

 

むしろ100打席に一度の大活躍では、それ以外の穴、つまりマイナスポイントが多すぎて、サーヴィス全体を総合的に見た場合、「失格」の烙印を押されてしまうでしょう。

 

一発逆転はありません

何か特別なこと、ミラクルなファインプレーを志すのではなく、これまでこの本で紹介してきた姿勢やスキルを身につけて、当たり前のサーヴィスを一つひとつしっかり提供していけば、その総合点として「世界一のおもてなし」が実現するのです。

 

やや観念的な説明になりましたが、実際はもっとシステマティックに考えていいものです。

 

たとえばこの本で紹介した意識や姿勢、スキルのチェックリストをつくり、自分ができていない項目、自分に欠けている項目を一通り確認していく。

 

そうすると自分の弱点がわかり、そこを重点的に意識することで、サーヴィスの質が自然と向上していきます。

 

自分にできないことを見つけたら、改善策を考え、実行して、できたかどうかをまたチェックし、再度実行する。

 

ビジネスに必須といわれるPDCAサイクルをまわしていくことは、「至高のおもてなし」にも通じるのです。

Category おもてなしの哲学 . ブログ 2020.09.14

次の記事

Comments are closed.

Translate »