おもてなしのできる人に生まれ変わる方法がございます

おもてなしのできる人に生まれ変わる方法がございます

 

 

 

 

4つのタイプを見て「自分は友好派じゃないから、おもてなしなんて無理」と、あきらめる必要はありません。

 

「生まれながら」におもてなしができなくても、おもてなしができる人に変わることが可能です。

 

というのも、私自身、もともと「友好派」ではなかったからです。

 

むしろ、若いころは、サーヴィス精神に乏しくて、自分の主張を押し通すような性格でした。

 

タイプでいうと、「現実派」でしょうか。

 

ですから、執事業を始めた当初は、生まれながらのサーヴィスマインドを身につけた人が、うらやましくて仕方なかったものです。

 

そんな「生まれながらに」ではなかった私ですが、いまでは「資産50億円以上のVIPにのみに仕える執事」として究極のサーヴィスマインドを持てるまでに変わることができました。

 

失敗や試行錯誤を繰り返しながら、一つひとつ学んで身につけてきたのです。

 

繰り返しますが、「生まれなから」でも「友好派」でなくても、「おもてなし上手」にはなれるのです。

 

では、どうすればよいか。

 

ズバリ「友好派」に生まれ変わることです。

 

じつは人のタイプというのは、意識すれば変われるのです。

 

友好派になるためにもっとも実行しやすいのは、一日ひとつでよいので、他人から「ありがとう」といわれることをやることです。

 

要は一日一善です。

 

少々ありきたりにも感じる言葉ですが、これは「人に何かを貢献すると喜んでもらえる」ということを、言葉だけでなく、経験的に知るための最良の方法です。

 

ただ善いことをして「いいことをした」と自己満足するのとはレベルが違います。

 

感謝されると自分も楽しくなり、気持ちが豊かになっていく。

 

簡単なようで、毎日積み重ねるのは案外と大変です。

 

この一日一善の習慣化はとても大切なことですから、後日、詳しく説明します。

 

不思議なもので、「ありがとう」といわれ続けると、苦痛だったはずの行為が「快感」になっていきます。

 

「ありがとう」と感謝されることで気分がよくなり、それで自然と「善いこと」を見つけてやるようになるのです。

 

人から感謝されるようになると、人の役に立ったことがうれしくて、さらに人のために動こうという気持ちになるということです。

 

続けることで、「人に貢献すると喜んでもらえる」という快感が、自分の中に刷り込まれていくはずです。

 

相手を観察しましょう

「一日一善は難しい」という人は、前にもお伝えしたように「ほめる」ことから始めてみてください。

 

ほめることは、相手の自己承認欲求につながります。

 

ほめられたら、たいていの人は「そんなことないよ」と謙遜しますが、内心うれしく感じているものです。

 

そして、ほめてくれたこと、認めてくれたことに対して「ありがとう」と感謝の言葉が返ってきます。

 

人をほめて反応があった、ありがとうといってもらえた、相手を喜ばせられた……そう感じることができれば、友好派への入り口に立ったといえるでしょう。

 

教育の世界には、菊池省三さんという元小学校教諭の方が提唱する「ほめ言葉のシャワー」というメソッドがあります。

 

学校の朝礼で、一人に対して、クラス全員がその子をほめるというもので、これを実践し続けた結果、学級崩壊していたクラスが正常化したという実績もあるそうです。

 

「ほめる」ことで、場の雰囲気が柔らかくなり、いい空気が流れ、コミュニケーションもスムーズに図れるということです。

 

ただ、自分はほめていたつもりでも、相手にきちんと伝わっていない場合もあります。

 

それでは意味がないので、相手にわかるようにきちんとほめることが大事です。

Category おもてなしの哲学 . ブログ 2020.09.04

Comments are closed.

Translate »